ブログ収益化100人体験談

ブログってそんなに稼げるのか?って100人に聞いたら衝撃の結果が・・

詳細はコチラ

ゴーン氏は必ず「次の手」を打ってくる……日本政府が決して放置してはならない理由

ITニュース
ゴーン氏自身の「リバイバルプラン」が始まった? (画像=THE21オンラインより)1月8日にレバノンで行われたカルロス・ゴーン氏の会見には、日本のみならず世界中のメディアが集まった。自身の問題を棚に上げ、日本の司法制度を糾弾した内容には賛否が飛び交っているが、世界の注目を集めたことは紛れもない事実だ。だが、「これだけで終わるとは考えないほうがいい」と指摘するのは、著書『「名経営者」はどこで間違ったのか ゴーンと日産・20年の光と影』にてゴーン氏の行動原理を解き明かした法木秀雄氏(元日産自動車北米副社長・ビジネススクール教授)だ。それはどういうことなのだろうか。法木氏にうかがった。世界中の「一般人」の心を掴んだゴーン氏1月8日にレバノンで行われたゴーン氏の会見を見てつくづく思ったのは、「昔の自信たっぷりのゴーン氏に戻ったな」ということだった。身振り手振りを交え、言いたいことを一方的に発信する姿はまさに、日産をV字回復させ、名経営者と呼ばれたころの彼の姿そのものだ。一方、話の内容は正直、驚くようなものではなく、あくまで事前の想定内のものだった。そもそもファクトベースで自分の潔白を証明できない以上、感情論に訴えるしかない。だからこそ拘留や尋問の際の非人道的な扱いや、家族と会えなかったことの寂しさなどを切々と語り、日本の司法制度の問題を訴えるという戦略に出たわけだ。その内容も、正直、ある

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました