ブログ収益化100人体験談

ブログってそんなに稼げるのか?って100人に聞いたら衝撃の結果が・・

詳細はコチラ

米国が欧州からの入国を禁止、例外的入国も11空港に制限

ビジネス
ヨーロッパからの外国人の米国への入国を30日間禁止するというホワイトハウスの決定により、すでに苦境にあった航空業界はさらに深刻な問題に直面することになった。米国市民および合法的永住権を持つ人々もCDC(米疾病予防管理センター)が承認した11空港以外は利用できない。当然ながら、このため多数の予約キャンセルが発生している。
CDCの承認を受けた空港は、アトランタ(ATL)、ダラス・フォートワース(DFW)、デトロイト(DTW)、ニューアーク(EWR)、ホノルル(HNL)、ニューヨークJFK(JFK)、ロサンゼルス(LAX)、シカゴ・オヘア(ORD)、シアトル(SEA)、サンフランシスコ(SFO)、ワシントン・ダレス(IAD)。これらはすべて主要なハブ空港であり、現在のところ中国からの直行便の受け入れも承認されている。ただし最近は多数の航空会社がこれらのハブに小規模な空港からの直行便を設定している。
米国時間3月12日、デルタ航空はアムステルダムとオーランド間、ポートランドとソルトレイクシティ間という都市間のフライトのキャンセルを発表した。またシンシナティ、ローリー/ダーラム、インディアナポリスからパリへのフライトも当面キャンセルされる。米国発のフライトは、米国時間3月12日まで運航され、3月13日に米国に戻るのが最終フライトとなる。
TechCrunchの取材に対してアメリカン航空は「

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました