ブログ収益化100人体験談

ブログってそんなに稼げるのか?って100人に聞いたら衝撃の結果が・・

詳細はコチラ

ぺんてるとコクヨも?事例でわかる敵対的買収をされる企業の特徴と攻略法

ITニュース
2019年は敵対的買収の事例が多く見られた年であった。村上ファンドを代表とするアクティビストの敵対的買収の事例も増えてきた。本記事では、エイチ・アイ・エス対ユニゾホールディングス、コクヨ対ぺんてる、プラスの事例を挙げ、敵対的買収の対象となる企業の特徴、事例における敵対的買収の対応策について説明する。事例でわかる!敵対的買収とは何か? (画像=PIXTA)2019年には、敵対的買収の事例が多く発生した。敵対的買収とは、対象会社の取締役会の同意を得ないで、M&Aの買収をしようとすることをいう。上場会社であれば、証券取引所で株式を買い集めることになるため、株式公開買付け(TOB/テイク・オーバー・ビッド)を通じて敵対的買収が行われる。すなわち、敵対的なTOBの実施である。<企業買収のスタイル>敵対的な買収と友好的な買収の違いとは?一般的に、企業買収とは、会社の経営権を獲得することをいう。そのためには、株主総会の決議を支配できるに足る議決権を所有していなければならない。それゆえ、M&Aの企業買収では、発行済議決権株式を過半数、取得することを目指す。この点、友好的な買収では、対象会社の経営陣が買い手による買収に同意する。反対意見は表明しないし、防衛策も発動しない。しかし、敵対的な買収では、対象会社の経営陣は、買い手による買収に同意しない。これまでの敵対的買収のケースこ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました