ブログ収益化100人体験談

ブログってそんなに稼げるのか?って100人に聞いたら衝撃の結果が・・

詳細はコチラ

DatabricksのLakehouseはデータウェアハウスとデータレイクの良いとこ取り

ビジネス
Databricksが米国時間2月24日、パートナーたちによるData Ingestion NetworkとそのDatabricks Ingestサービスの立ち上げを発表した。目的は、企業が最高のデータウェアハウスと最高のデータレイクを1つのプラットホームに結合することで、Databricksはそのコンセプトを「lakehouse(レイクハウス)」と呼んでいる。
同社のレイクハウスのコアにあるものはDelta Lakeで、これはLinux Foundationが管理するDatabricksのオープンソースのプロジェクトであり、データレイクにストレージの層を導入してユーザーがデータのライフサイクルを管理できるようにする。そして、スキーマの強制やログの記録などでデータのクオリティを確保する。DatabricksのユーザーはこれからはIngestion Networkの最初の5つのパートナーであるFivetranとQlik、Infoworks、StreamSets、Syncsortらと共同で自分たちのデータをDelta Lakeに自動的にロードできる。Databricksの顧客は、トリガーやスケジュールに関して何もセットアップしなくてよい。データが自動的にDelta Lakeに入っていく。
Databricksの共同創業者でCEOのAli Ghodsi(アリ・ゴッシ)氏は、次のように説明

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました