ブログ収益化100人体験談

ブログってそんなに稼げるのか?って100人に聞いたら衝撃の結果が・・

詳細はコチラ

【米国株動向】配当利回り6.3%の割安銘柄:マゼラン・ミッドストリーム・パートナーズ

ITニュース
モトリーフール米国本社、2020年1月22日投稿記事よりMLP(マスターリミテッドパートナーシップ、エネルギー事業を主な収益源とする共同投資事業形態)のマゼラン・ミッドストリーム・パートナーズ(NYSE:MMP)は、2001年の新規株式公開(IPO)以来、実に71回にわたって増配を実施してきました。現在の配当利回りは6.3%に上り、直近では先週に1%の増配を発表しています。配当が一貫して増加している企業は通常、市場を上回るトータルリターンを上げるものです。しかし、近年のマゼランは、エネルギーセクターの低迷によって、市場のリターンを下回っています。利益と配当が増加し続けたにもかかわらず、同社の株価は過去3年間で12.6%下落しています。 (画像=Getty Images)財務面で柔軟な選択肢を有するマゼランが通常のMLPと異なるのは、新規借入や新株発行の代わりに、配当を支払った後の余剰現金によって、拡大のための資金の大部分を調達してきた点です。同社は業界最高レベルのバランスシートを維持しており、現在の負債/EBITDA(支払い利息・税金・償却控除前利益)比率は2.8倍という低水準です。その結果、マゼランは現在、財務面で非常に柔軟な選択肢を取ることができます。洋上ターミナルの売却に最近合意したことも柔軟性に寄与しています。さらに、今年は複数の主要プロジェクトが終了し、成長投資が減少す

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました