ブログ収益化100人体験談

ブログってそんなに稼げるのか?って100人に聞いたら衝撃の結果が・・

詳細はコチラ

ベントレー史上最も凝ったインテリアの新型フライングスパー、日本でのプライスタグは2667万4000円

ITニュース
ベントレーが新型フライングスパーのインテリアの詳細を公開。キャビンは1台当たり3kmを超える糸を使用して縫製 ベントレー・モーターズ・ジャパンは1月29日、新型フライングスパー(Flying Spur)のインテリアの詳細をアナウンスした。 ▲ベントレー・フライングスパー 価格:8SMT2667万4000円 全長5325×全幅1990×全高1490mm/ホイールベース3195mm 車重2540kg 乗車定員5名 「豪華リムジンの雰囲気をあわせもつスポーツセダン」を謳う新型フライングスパーは、英国で昨年の6月11日に発表。日本では昨年12月4日より予約受注を開始し、今年の第2四半期にデリバリーを開始すると予告している。 ▲「ベントレー史上最も凝ったインテリア」を謳うハンドメイドの内装。高いホールド性と快適性を誇るシートは合計12時間をかけて手組で仕立てられる グランドツアラーとしての大幅なレベルアップを果たした新型フライングスパーは、内包するインテリアのアレンジも大きなアピールポイントである。 ▲フライングスパーでは14色ものレザーハイドを用意。さらにコントラストカラーとして23種類のステッチ用の糸を取りそろえている 「ベントレー史上最も凝ったインテリア」を謳うハンドメイドの内装は、全部で350片の1つひとつ形の違うレザーパーツがそれぞれ141名のベントレーの職人の手

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました