ブログ収益化100人体験談

ブログってそんなに稼げるのか?って100人に聞いたら衝撃の結果が・・

詳細はコチラ

中国版GPSの完成間近、脱米依存へ

ビジネス
中国は12月27日、来年上半期までに米国が運用する全地球測位システム(GPS)ネットワークの競合版を完成させ、米国のテクノロジーからの離脱のペースを加速させると発表した。
「北斗七星」の星座にちなんで名付けられた中国の「北斗」衛星ネットワークは、米国空軍のGPSと競合する最初のサービスとなる。日経アジアンレビューによると、中国のスマートフォンの70%以上がサービスを利用できる機能を有しており、すでに大規模なユーザー基盤を持っているといえる。
北斗ネットワークは、次世代通信サービスを支配するという中国の長期計画に欠かせないピースであり、中国の第5世代無線通信技術の進歩とあわせて、通信インフラをめぐる米国の覇権への大きな挑戦を象徴している。
AP通信によると、プロジェクトのディレクターであるRan Chengqi(ラン・チェンチ)氏が声明で、中国は2020年6月までに北斗システムを稼働させるために必要な最後の2つの衛星を打ち上げる予定だと表明した。
中国のGPSと第5世代の無線ネットワーク技術が連携して動作すれば、中国は新しい通信サービス市場で大きなシェアを占めることができる。
技術が連携して動作するかが武漢で検証されている。武漢では、5Gと北斗のマッピング技術の両方を使用して、28 kmの道路で自動運転の試験車を開発する。
日経によると、北斗はすでに120のパートナーがサービスとの連

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました