ブログ収益化100人体験談

ブログってそんなに稼げるのか?って100人に聞いたら衝撃の結果が・・

詳細はコチラ

【Withコロナ時代の新しい防災メソッド】災害に強い家に住む

ガジェット
<9月1日は、防災の日!>
時代は進化している。それはテクノロジーだけでなく、防災に関しても同様だ。かつて家庭や学校で習った防災に関する情報は、すでに時代遅れかもしれない。年々、地震の恐れが高まり、水害が激甚化している日本――。さらに新型コロナウイルス対策も必須のいま、最新の防災メソッドに迫る!
※こちらの記事は「GetNavi」 2020年10月号に掲載された記事を再編集したものです。
 
私が解説します!


地震学者
大木聖子さん
慶應義塾大学環境情報学部准教授。専門は地震学・災害情報・防災教育。大切な家族を守るため、自らも日々防災に務めている。

 
事前の備えがあれば、災害の脅威は激減する
近く、日本を必ず大地震が襲う。政府の地震調査委員会の予測では、30年以内に80%以上の確率で南海トラフ地震が発生。想定死者数は最大約32万人以上にのぼる。同じく70%以上の確率で首都直下地震や、東日本大震災をもたらした東北地方太平洋沖地震のように予測不可能な地震も起こりうる。
 
今後、日本では地震で相当数の死者が出るかもしれない。しかし、地震学者の大木聖子さんは、絶望的な未来を変えられると語る。
 
「”死者32万人”は最悪の想定の目安。大事なのは、被害が発生しないための対策です。一人ひとりが防災に力を入れれば、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました