ブログ収益化100人体験談

ブログってそんなに稼げるのか?って100人に聞いたら衝撃の結果が・・

詳細はコチラ

小さな貨物飛行機を遠隔操作で飛ばすReliable Robotics、テスラやSpaceXのエンジニアが創業

ビジネス
およそ1年前、Cessna 172 Skyhawk(セスナ172スカイホーク)が、北カリフォルニアの小さな空港に密かに着陸したことが、旅客機機の遠隔操縦飛行に初めての歴史を刻んだ。これは米国で初めてのことだった。
商用航空の歴史に残るこの画期的な出来事を行ったスタートアップの名は、SpaceX(スペースX)ならびにTesla(テスラ)出身のエンジニアによって2017年に設立されたReliable Roboticsだ。
同社は、Lightspeed Venture PartnersやEclipse Ventures、Pathbreaker Ventures、Teamworthy Venturesといった投資家から3350万ドル(約35億3000万円)の資金を調達し、現在物流ならびに発送業界の潜在的な顧客に対して売り込みをかけている。
Reliable Roboticsの共同創業者であるRobert Rose(ロバート・ローズ)氏は、パイロット一家の出身だ。彼の2人の祖父は、どちらも第二次世界大戦中に飛び、彼自身もパイロットとしての経歴を積んだことがある。実際、コックピットに戻って操縦桿を握りたいと考えたローズ氏の活動が同社が始まるきっかけとなったのだ。
「(飛行機の)操縦は難しいですね」とローズ氏はいう。「そのためには多くの認知能力必要です」。
だがローズ氏は、Teslaの自動操縦シ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました