ブログ収益化100人体験談

ブログってそんなに稼げるのか?って100人に聞いたら衝撃の結果が・・

詳細はコチラ

マネックス証券の5つのメリット・デメリットは?米国株やノーロード投資信託本数、独自ツールなど特徴を紹介

ITニュース
マネックス証券は米国株取引の分野で評判高いが、その他にもIPO取扱銘柄数の多さ、ユニークで便利な株分析ツールなど、同社ならではの魅力的なサービスが取り揃っている。ここではマネックス証券で口座開設や取引をメリット、手数料などを紹介していこう。マネックス証券のメリット1,米国株ではネット証券で圧倒的第1位の存在感 (画像=マネックス証券公式ホームページより)主要ネット証券のうち、米国株式を取り扱っているのは、マネックス証券、SBI証券、楽天証券、DMM.com証券の4社。2020年6月現在で公表されている各社の米国株式取扱銘柄数は、それぞれ以下のとおりだ。マネックス 3,375件SBI証券 3,122件楽天証券 2,443件DMM.com証券 844件マネックス証券では大型株から小型株まで、非常に多くの米国株を取り扱っている。アップル やマイクロソフト のような世界の大企業から、医療診断機器を製造・販売するアクセレレート・ダイアグノスティックス や、眼鏡タイプのウェアラブル画像装置などを製造するビュージックス といった中小型株、さらには他社では取り扱っていないが今後成長を見込める優良小型株を探して購入することもできる。マネックス証券の米国株取引の特徴1,手数料は最低0ドル取引手数料は業界最低水準の約定金額×0.45%(税抜)で、最低手数料が0米ドル、最高手数料は20米ドルだ。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました