ブログ収益化100人体験談

ブログってそんなに稼げるのか?って100人に聞いたら衝撃の結果が・・

詳細はコチラ

米国TikTok事業の売却でByteDanceとマイクロソフトが合意、米国内ではマイクロソフト以外の企業が運営か

ビジネス
ロイターの報道によると、中国のByteDance(バイトダンス)が米国でのTikTok(ティックトック)事業を売却することで合意したという。この取引では、Microsoft(マイクロソフト)は米国に拠点を置くユーザーのデータの管理を引き継ぐことになる。また契約上、マイクロソフト以外の別の会社が米国でTikTok事業を運営することも可能になる。これによりTikTokは、トランプ大統領が脅したとされる執行命令の疑惑を回避し、米国内でのサービス運営を継続できるようになる。
執行命令の疑惑とは、ByteDanceは以前に同社の少数株主を維持できるような取引を模索していたこと。結局はホワイトハウスがこの提案を却下したため、この計画は最近になって頓挫したようだ。
今回の新しい取引の下では、マイクロソフトは米国に拠点を置くユーザーのデータ保護を担当し、米国拠点の別の会社がTikTok の運営を許可されることになる。ただし、この契約でTikTokが米国内での運営を継続できるかどうかは不明だ。
マイクロソフトとホワイトハウスにコメントを求めたが現在のところ得られていない。
このニュースは、トランプ大統領が中国系アプリの米国内での運営を禁止する執行命令に署名(未訳記事)すると記者団に語った数時間後に発表された。これを受けてByteDanceの広報担当者は以下の声明を発表している。
1億人の米国人、特に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました