ブログ収益化100人体験談

ブログってそんなに稼げるのか?って100人に聞いたら衝撃の結果が・・

詳細はコチラ

自動車バイオプラスチック市場ー材料タイプ別(バイオポリアミド(Bio-Pa)、天然繊維、ポリ乳酸など)、アプリケーション別 -グローバルな需要分析と機会見通し2028年

プレリリース
Research Nester Private Limitedは調査レポート「自動車バイオプラスチック市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年7月 31日に発刊しました。これは、2021-2028年の予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。自動車産業で使用されるバイオプラスチックは、通常、自動車バイオプラスチックと呼ばれます。バイオプラスチックの製造に使用される原材料は通常、化石燃料などの従来のソースではなく、トウモロコシデンプン、植物油脂、リサイクルされた食品廃棄物、ウッドチップなどの生物学的ソースからのものです。バイオプラスチックには、自動車産業での使用に適したいくつかの有益な特性があります。バイオプラスチックは、従来のプラスチックよりも重量が約25%少ないことが知られています。そのため、バイオプラスチック製のプラスチック製アタッチメントを自動車に使用すると、車両全体の縁石重量が減少し、車両の効率が向上します。国際自動車製造機関(OICA)の統計によると、商用車と乗用車の両方の売上高は2010年の7,500万台から2019年の9,100万台に増加

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました