ブログ収益化100人体験談

ブログってそんなに稼げるのか?って100人に聞いたら衝撃の結果が・・

詳細はコチラ

消毒用アルコール、電机本舗が市販のお酒でつくる方法を公開

ITニュース

電机本舗は、自宅で簡単に消毒用アルコールを精製する方法を公開した。
新型コロナウイルス感染症の予防対策のひとつとして、消毒用アルコールによる手の消毒がある。
しかし、消毒用アルコールは現在、入手が困難な状況である。
自宅で消毒用アルコールを作る方法は、これを解決するものだ。
■消毒用アルコールの作り方
材料は、
・空き缶
・ビニールチューブ
・ホワイトリカー(アルコール20~35度)
この3つを利用して、消毒に利用できる高濃度アルコール溶液を精製する。
シリコンチューブは、150度以上の耐熱性のあるものをホームセンターなどで入手しよう。
ホワイトリカーは、薬局で普通に販売されている。
キットを購入すれば、安定して60~77度のアルコール溶液を精製できる。
低濃度のアルコールは、蒸留によりアルコール度を上げることができる。
コーヒーの空き缶にビニールチューブを通して蒸留装置(ポットスチル)を作成しよう。
アルコールは、水に比べて気化しやすい。
この性質を利用すれば、高濃度アルコール溶液を精製できるわけだ。
ホワイトリカーなどのアルコールを含んだ溶液を沸騰させると、アルコールから蒸発する。
消毒用アルコールは、それを冷やして液体化したものだ。
本格的な蒸留装置は、イラストのように直接火にかけるため危険だ。
家庭で行うときは、湯煎で代用するとよいだろう。
アルコール35

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました