ブログ収益化100人体験談

ブログってそんなに稼げるのか?って100人に聞いたら衝撃の結果が・・

詳細はコチラ

ウォーレン・バフェットが2020年に買っている株

ITニュース
投資の神様」と呼ばれ、世界でも有数の投資家として知られているウォーレン・バフェット氏。そんなバフェット氏が運営するバークシャー・ハサウェイでは、毎年2月後半に年次報告書が発表されている。2020年2月の資料にはどのような傾向があるのだろうか。その中身について見ていこう。バークシャー・ハサウェイが発表した年次報告書の内容 (画像=Kent Sievers/Shutterstock.com)2020年2月に発表したバークシャー・ハサウェイの年次報告書、いわゆる「株主への手紙」では、主に次のようなことが記載されている。ポイントをまとめてみよう。トータルでS&P500を大きく上回る成績を維持毎年のことではあるが、冒頭にはバークシャー・ハサウェイのパフォーマンスとS&P500との比較が掲載されている。単年度ごとに見ると波があるものの、1964年から2019年までのトータルで見るとその差は歴然だ(S&P500が上昇率約2万%であるのに対し、バークシャー・ハサウェイは約274万%)。配当金の中心にある「アメリカ株」の存在主要投資先についても見てみよう。資料に掲載されている「主要投資先10銘柄からの配当金」には、次のような数字が並んでいる。 (画像=確定拠出年金スタートクラブ)これらの企業から得られる配当金の合計は約38億ドル。実に、4,000億円規模の配当がわずか10社からもたらされる計

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました