ブログ収益化100人体験談

ブログってそんなに稼げるのか?って100人に聞いたら衝撃の結果が・・

詳細はコチラ

YouTubeが極右の著名人たちのチャンネルを停止

ビジネス
YouTubeは米国時間6月29日に、人種差別的なヘイトスピーチで知られ、問題視されている人たちに対抗措置を取り、彼らの主なチャンネルを削除した。
削除したチャンネルは6つ。Richard Spencer(リチャード・スペンサー)氏のチャンネル(SPLC記事)と、National Policy Institute/Radix Journalの提携チャンネル、極右的で人種差別的な似非科学を唱えるStefan Molyneux(ステファン・モリュー)氏のチャンネル(SPLC記事)、白人至上主義の発表媒体であるAmerican Renaissanceとその関連チャンネルのAmRenPodcasts、そして白人至上主義者で元Ku Klux Klan(クークラックスクラン)のリーダーであるDavid Duke(デビッド・デューク)氏のチャンネルとなる。
YouTubeの広報担当者はTechCrunchへの声明で 「YouTube上のヘイトスピーチを禁じる厳しいポリシーがあり、そのポリシーに何度もひどく違反していれば、いかなるチャンネルでも終わらせている。ガイドラインをアップデートして、至上主義的コンテンツへの対応を改善した結果、動画の削除は従来の5倍に急増し、25000あまりのチャンネルを弊社のヘイトスピーチポリシー違反で終了させた」と述べている。
同社によると、それらのチャンネルは外部のヘ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました