ブログ収益化100人体験談

ブログってそんなに稼げるのか?って100人に聞いたら衝撃の結果が・・

詳細はコチラ

専門家も陥る「税務・損金」の落とし穴!企業側・税理士側の双方が知っておきたい3つのミス

ITニュース
税務や損金の仕組みは複雑なので、中には税理士でさえ見落としてしまうポイントがあります。特に間違えやすい部分については、企業側・税理士側の双方が理解を深めることが重要です。失敗のリスクを抑えるために、陥りやすいミスを確認していきましょう。1.消費税の課税方法の選択ミス (画像=PIXTA)数多く存在する税金の中でも、消費税は特にトラブルが発生しやすい税金。その主な要因は、課税方法の複雑さにあります。消費税の課税方法には、大まかに納税額を計算する「簡易課税」と、厳密に算出する「原則課税」の2つが存在します。さらに、すでに支払った消費税の控除にもいくつかの方式があるので、どの方式を組み合わせるのかによって納税額に大きな変化が生じます。このように仕組みがやや複雑であるため、消費税については税理士に相談する経営者が少なくありません。しかし、たとえば担当者が途中で変わるようなケースでは、税理士が有利な方式を選び忘れてしまうトラブルが発生しがちです。税賠保険(税理士職業賠償責任保険)の支払金額を税目別に見ると、2018年度のデータでは消費税関連のものが圧倒的にトップ。つまり、消費税の仕組みは専門家でも間違えやすいので、ミスにいち早く気づくために経営者側も基礎知識をつけておきたいところです。2.法人税の優遇税制の適用漏れ法人税関連のトラブルも、中小経営者が特に注意しておきたいポイントです。税賠保

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました