ブログ収益化100人体験談

ブログってそんなに稼げるのか?って100人に聞いたら衝撃の結果が・・

詳細はコチラ

生誕101年記念出版「映画の匠 野村芳太郎」発売! 「砂の器」「八甲田山」など、初公開となる回想録、インタビュー、発言、証言などを集成した504頁の大著完成!

プレリリース
スリーシェルズ所属の小林淳(映画関連文筆)の編纂による『映画の匠 野村芳太郎』(野村芳太郎:著/小林淳、ワイズ出版編集部:編/野村芳樹:監修)が2020年6月8日に発売されることをスリーシェルズは5月22日に発表した。日本映画界の巨匠・野村芳太郎による回想録を初公開!映画ファン必携の書が誕生!「砂の器」や「八甲田山」など名作を次々と世に送り出した映画監督・野村芳太郎(1919-2005)。日本が誇る稀代の巨匠が、自身のすべての監督作品を回想した記録『SAKUHIN KIROKU』が発見された。「SAKUHIN KIROKU」は、野村監督がある時から自分の記録として個人的に書きためていた記録であり、一部の映画関係者に存在は知られていたが、一般に公開されるのは初めてとなる。そこには各監督作品の製作、演出にあたっての貴重な回想が残されていた。映画ファン・映画研究者にとって最上級の資料であることは言うまでもない。その必携の書を、映画評論家で研究者の小林淳が編纂、野村芳太郎の息子・芳樹が監修した。天才の創作の秘訣に新たな光が当てられる画期的な出版となる。他にも、エッセイ・インタビュー・座談(川島雄三、松本清張、橋本忍ほか)、関係者の証言、フィルモグラフィー、貴重なスチール、スナップを集成。企画立案から足掛け5年。インタビュー・寄稿(山田洋次、岩下志麻、大竹しのぶ、ほか)も収録した504頁の大

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました