ブログ収益化100人体験談

ブログってそんなに稼げるのか?って100人に聞いたら衝撃の結果が・・

詳細はコチラ

英国のエンジェル投資家はロックダウン中も活動的だがスタートアップの資金調達は急ぐ必要がある

ビジネス
新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミック下における、英国のエンジェル投資家の投資戦略に関する調査によれば、エンジェル投資家の65%以上が、ロックダウン中でもスタートアップへの投資を続けていることがわかった。ただしその内容は新規取引が中心となっている。多くの投資家が取引数を増やし、投資額も18%ほど増加しているのだ。
しかし、このパンデミックはエンジェル投資家が2020年に投資する総資金を61%も減らし、投資家の60%弱は、新型コロナウイルスが2020年の残りの期間に投資する能力に悪影響を与えると考えている。 TechCrunchがその調査開始を独占的に記事(未訳)にした後、2週間のうちに250人を超えるエンジェル投資家が調査に答えた。
これらは、新しい英国組織であるActivate our Angels(AoA)によって実施された調査だ。この組織は、今週中に開始される予定であるスタートアップのための英国政府のFuture Fundと同時に立ち上がった。なおFuture Fundは、エンジェル投資家やシードステージのスタートアップのニーズには不十分だと批判されてきている。
AoAは、2019年に買収されたGiveMeSportの元CEOで共同創業者のNick Thain(ニック・タイン)氏が立ち上げた組織。さらに、7percent Ventures、Forward Par

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました