ブログ収益化100人体験談

ブログってそんなに稼げるのか?って100人に聞いたら衝撃の結果が・・

詳細はコチラ

山崎豊子 不朽の名作『大地の子』が、ついにコミカライズ! 文藝春秋digitalにて配信スタート!!

プレリリース
■『マンガ 大地の子』2020年4月24日より配信スタート!2020年より4月24日より『マンガ 大地の子』が、文藝春秋digital(http://bungeishunju.com/、配信元:株式会社文藝春秋、原作:山崎豊子、漫画:かんようこ・株式会社サイドランチ)にて配信スタートします。1987年5月号から1991年4月号まで月刊『文藝春秋』で連載された、作家・山崎豊子の小説『大地の子』。終戦後に中国に取り残された子どもたち、いわゆる“中国残留孤児”の半生を描いた本作が、約30年の長きを経てオリジナルのコミカライズ作品として鮮やかに蘇ります。敗戦によって日本から見棄てられ、大切な家族とも生き別れ、中国の人々からは“小日本鬼子”と蔑まれる――。大きな歴史のうねりに飲み込まれた主人公・陸一心(ルーイーシン、日本名:松本勝男)は、二つの祖国に翻弄され、悩み苦しみ、それでも懸命に自らの生き方を探し求めます。その姿は、現代を生きる私達に「国とは何か」「生きるとは何か」という根源的な命題を突きつけてきます。混迷する今だからこそ、世代を超えた多くの方に読んでいただきたい作品です。<あらすじ>1966年、毛沢東による文化大革命の嵐が吹き荒れる中、一人の男性が冤罪をかけられ壇上に立たされていた。彼の名は陸一心。日本の戦争孤児として中国で育った一心は、小日本鬼子と蔑まれながらも、優しい中国人養父の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました